about time

人は誰もが時間を旅している、人生という時間を。

おはこんばんにちは、皆さん今日もお勉強お疲れ様です。

突然ですが、皆さんは戻りたいあの日、あの瞬間はありますか?

そんなあなたに贈りたい映画。

 

第2弾「アバウト・タイム 愛おしい時間について」(2013)。

https://youtu.be/l-Zzii08j_w

脚本は『ラブ・アクチュアリー』等名作を世に生みだしたリチャードカーティス。

今この瞬間の大切さ、人の愛おしさ、世界の美しさ、1つ1つの出来事のかけがえのなさを改めて考えさせられる作品。

ありがちな ”恋愛映画” ”タイムトラベル” だと思って映画鑑賞すると良い意味で裏切られるはずです。

 

「人生は1度きり。「今」を後悔しないように精一杯生きたい」

 

映画鑑賞後はきっとこう思っているはず。

人生の教科書にしたい、と。

 

頑張りたい、気持ちを奮い立たせたいときに「アバウト・タイム」

勉強の合間に一息してみませんか?

 

・他の記事はこちらから!→勉強の合間にオススメ映画

 

 

 

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG