桜美林大学 健康福祉学群 合格者の声

私は進路および志望校が夏~秋に変わりました。

きっかけは突然で、周囲が驚いていたことが強く印象に

残っています。偏差値の高低ではなく、自分の夢を叶える為に

どの大学に進学するか決めました。

私は国家試験がマストとなる職に就きたいため、資格合格率

No.1 の大学にしました。

広い視野を持つことで、今後の選択肢が広がると思います。

大変なこともありましたが、その時に支えてくれたのは

siegであり、塾長でした。

ありがとうございました。

P.N.カフェの店員さん

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG