一生に一度は行きたい場所【奈良編】

こんにちは!

今回は、多くの鹿がいることで有名な奈良公園の一角に佇む「ふふ 奈良」をご紹介します。

日本の巨匠、隈研吾氏によって設計された館内は奈良の歴史を肌で感じることができます。

全室スイートルームでありながら、全室異なるしつらえとなっており、何度でも足を運びたくなる

造りとなっています。また、目の前に広がる庭園を見ながら過ごすひとときは時間を忘れてしまうほど

心地よい時間に違いありません。客室には、天然温泉の露天風呂が備え付けられており、薬の発祥地ならではの

和漢の湯を楽しむことができます。また、奈良の地ならではのアクティビティも体験することが可能です。

人が少ない朝だからこそ、存分に春日大社を楽しむことのできる「朝の春日大社参拝・奈良公園ガイド

ウォーク」や華道家による「華道文化体験プログラム」など、奈良の文化を目で見て、体で感じることが

できるのは「ふふ 奈良」だけ!

みなさんもぜひ、「ふふ 奈良」を訪れて奈良の歴史を全身で感じてみて下さい。

 

NO IMAGE

SIEGの願い

「勉強とは、自らが積極的に行わなければいけないものである。」これが、ジークの基本的な考え方です。
人に言われたから勉強している。
やらなければいけないから勉強している。
これでは、学びは有意義なものにはなりません。勉強はなんのためにするのでしょうか。
それは、他者を助けるためであると私たちは考えています。
目の前に困っている人がいるとして、
その人の国籍や年齢、性別や境遇、知識量等を加味した上で適切な言葉で適切な対応ができなければ目の前の人を助ける事は出来ません。
そのためには多くの知識が必要です。
だからこそ、たくさん勉強してほしいと思っています。情けは人の為ならず。
多くの人を助ける事は、
多くの人から助けてもらえる自分を作る事と同義です。
人と繋がる事は、自らの可能性を広げることにつながります。あなたも自らの可能性を広げ、自らの考える幸せな道を歩んでほしいと願っています。

CTR IMG