カリキュラムは∞無限大あなたにぴったりの授業スタイルを

子供との距離の取り方に悩んでいます。プレッシャーを与えることなく、勉強をサポートしてあげたいところなのですが、子を持つ親はどのように子供に接したらよいのでしょうか

子供との距離の取り方に悩んでいます。プレッシャーを与えることなく、勉強をサポートしてあげたいところなのですが、子を持つ親はどのように子供に接したらよいのでしょうか
勉強に関して言及する、あるいは叱る際に何度も同じことを言うのはやめておきましょう。
繰り返し言われることでプレッシャーに感じたり、しつこく感じることが多いです。
また、勉強しなさい等の命令形は、子供も大人も良い気がしません。
よく「勉強しなさい」と言うと「これ終わったらやるつもりだったのに、言われてやる気なくなった」と言うお子さんが多いと思いますが、子供側からしたら誤摩化しではなく、本心で言っています。
勉強しなさい、ではなくそれ終わったら勉強しよっか、等提案に形を変えてあげると良いと思います。
自分と子供は対等な立場で、しつこすぎない距離感を保ちましょう。
最新情報をチェックしよう!
>SIEGの願い

SIEGの願い

受験の目標は、もちろん合格です。ですが、受験を通じて得られるものは志望校の学生証だけではありません。「やればできる」その自信こそが受験で得られる最高の宝です。「やらなくてもできる」「なんとかなる」そういった過信を捨て、「やればできる」「なんとかする」そういった自信を持つ。どんな困難にも前向きに取り組む事が出来る本当の意味での強い人になってほしいと、SIEGは願っています。

CTR IMG