勉強嫌いの息子に勉強を教えていると、親の私がつい怒ってしまいます。どうすれば上手に教えることができるのでしょうか?

勉強嫌いの息子に勉強を教えていると、親の私がつい怒ってしまいます。どうすれば上手に教えることができるのでしょうか?
まず、なんでわからないの、どうしてできないのは禁句です。モチベーションを下げますし、なによりお子さんの自信を奪います。
また、勉強の際に怒ってしまうと、子供は「間違えたら怒られる」と記憶し、勉強すること自体を避けるようになります。

一番初めに、どこからわからなくなっているのかを把握する必要があります。わからないところの根幹となっているところから教えてあげましょう。
一度に全てを説明するのではなく、一つ一つ説明し、理解したかどうかの確認をしましょう。
説明を受けているだけでは子供は飽きるので、問題を一緒に解きながら説明するのが良いと思います。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

SIEG

生徒の学習状況を把握しながら進める「双方向型」の授業スタイルです。授業内容を一方的に伝える受け身の授業は、理解度やスピードの点から考えても能動的授業に劣ります。出来るところはどんどん先に進み、分からないところは質問をして解決する。対面授業でもオンライン授業でも、生徒の顔や様子、学習状況を把握しながら授業を進めていきます。勉強本来の楽しさを伝え、自ら進んで勉強することを可能にしてしまうのが、ジークです。
TEL:042-815-2100

CTR IMG