泉編_第1章_空手の子

私は幼い頃から空手をやっている。というのも、家が空手道場であり父は空手の教士なのだ。

母と父は私に、

「泉という名前は、いつまでも元気が湧き出る泉のような子に育ってほしいと願いを込めてつけたのよ。」「空手を極めて、たくましく立派に成長するんだぞ。」

と度々言った。両親の望み通り私はたくましく成長し、空手の段位も満18歳がとることのできる段位の中で一番高い三段を持っている。空手は私の誇りである。

 

学校でも、「あの子って空手の子だよね?」「泉といえば空手って感じ」と言われることがよくある。しかし、みんなが私のことを「空手の子」と呼ぶたびに、嬉しい気持ちとモヤモヤした気持ちがごちゃ混ぜになった。大好きな空手が私の象徴であることはとても嬉しいし、誇らしい。でも、私ががんばっているのは空手だけじゃない!!勉強だって努力してテストでも良い点を取っているのに。私は、自分の努力を皆に認めて欲しいタイプだ。だからこそ空手の努力も勉強の努力も、両方認めて欲しい。

「空手だけの子」にならないためにも、毎日空手と勉強の両立を頑張っている。勉強を始めるきっかけってテストとか受験とかもあると思うけれど、こういう些細な理由でも良いと思うのは、私だけ?

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

SIEG

生徒の学習状況を把握しながら進める「双方向型」の授業スタイルです。授業内容を一方的に伝える受け身の授業は、理解度やスピードの点から考えても能動的授業に劣ります。出来るところはどんどん先に進み、分からないところは質問をして解決する。対面授業でもオンライン授業でも、生徒の顔や様子、学習状況を把握しながら授業を進めていきます。勉強本来の楽しさを伝え、自ら進んで勉強することを可能にしてしまうのが、ジークです。
TEL:042-815-2100

CTR IMG