CATEGORY

〜SNSノベル〜

泉編_第2章_絵馬との出会い

小さい頃から空手三昧だった私は、親友と呼べる友達がいなかった。学校帰りは寄り道せずに道場へ帰り、休みの日もずっと空手の稽古をしていたのだ。 高校二年の春、新しいクラスになったときに私は絵馬と出会った。絵馬の第一印象はおっとりした不思議ちゃんというイメ […]

絵馬編_第2章_空気

いつもより長く感じる通学路を終え、教室に向かう。教室のドアを開けると一人の女の子が駆け寄ってきた。 「絵馬!おはよう!助けて!」 この子は友達の彩佳。勉強よりスポーツのほうが得意な彩佳はテストの日はいつもこんな感じだ。 「しょうがないなぁ。何の教科? […]

試験編_第2章_番狂わせ

まるでさっきまでと違う世界に来たみたいだ。   寒くもないのに体が震える。 面白い。これが武者震いというやつか。 今日の目的は洞窟の奥に住む一つ目の魔物キマツを討伐し、ツノを持ち帰ること。 道場の昇段試験としては珍しい大物に胸が踊る。 &n […]

2章_伸一議事録

ぼっと空を見上げる。最近は一人で物思いにふける時間が増えた。しかし、こんなことをしている場合ではない。高校三年生の夏が来る。つまり、受験戦争が始まるのだ。   二週間前、部活を引退した。県大会準々決勝、ここを勝てば県の決勝リーグに進出できる。そしてこ […]

ゴウカク編_第1章_ひび

焼き鮭と納豆、おひたしに玄米。そして味噌汁。色々と試したが、この組み合わせの朝食が自分には合っているようだ。旬を迎えたたけのこが味噌汁とよく合う。食器を洗ったら、いつも通りスーツに着替え姿見を確認する。 (よし。今日も教師だ。) 実のところ、決して自 […]

泉編_第1章_空手の子

私は幼い頃から空手をやっている。というのも、家が空手道場であり父は空手の教士なのだ。 母と父は私に、 「泉という名前は、いつまでも元気が湧き出る泉のような子に育ってほしいと願いを込めてつけたのよ。」「空手を極めて、たくましく立派に成長するんだぞ。」 […]

絵馬編_第1章_ブルー

赤くかじかんだ指先にはぁっと息をふきかける。頬を撫でる冷たい風は私に冬の訪れを感じさせる。境内を赤く染め上げていたもみじはすっかり姿を失い、地面にてんてんと散らばっていた。 ここ、鶯神社はこの地域唯一の神社でありながら私の実家でもある。そのため、学校 […]

伸一編_第1章_伸一日記

 家を飛び出した。自転車のカバーを外し、隣においてある母親の自転車のかごにそれをぐしゃぐしゃに丸めて突っ込んだ。 帰ったら確実に怒られるが今は何せ急いでいる。背に腹は代えられない。 腕に抱えた練習着が入った袋とバスケットシューズをリュックに押し込み、 […]

試験編_第1章_始まりの剣

この扉の向こうに、魔王ジュケーンがいる。 心臓の音が大きくなり、他の音が消えていくのを感じた。 剣に結びつけられたお守りが小さく揺れる。 「顔を上げろ。ゴウカク。」 師匠の言葉にハッとする。 「大丈夫だ。魔王配下のキマツもモシも倒してきたじゃないか。 […]

NO IMAGE

SIEG

生徒の学習状況を把握しながら進める「双方向型」の授業スタイルです。授業内容を一方的に伝える受け身の授業は、理解度やスピードの点から考えても能動的授業に劣ります。出来るところはどんどん先に進み、分からないところは質問をして解決する。対面授業でもオンライン授業でも、生徒の顔や様子、学習状況を把握しながら授業を進めていきます。勉強本来の楽しさを伝え、自ら進んで勉強することを可能にしてしまうのが、ジークです。
TEL:042-815-2100

CTR IMG