アメリア・イアハート効果を使って世界一になろう!

「今日はなんだか世界一になりたい気分だな」
朝起きて最初に思った事がこれでした。こんにちは、山口です。
世界一になるために色々調べてみたところ、アメリア・イアハート効果という言葉があるようです。アメリア・イアハートという人物をご存知でしょうか。大西洋単独横断飛行を果たした、世界的に有名な飛行士です。

大西洋を横断した飛行士はアメリア以前にもいました。
なのになぜアメリア・イアハートは圧倒的知名度を誇っているのか。それは、彼女が女性だったからに他なりません。

そう、彼女は「女性飛行士初の大西洋単独横断飛行を果たした人物」なのです。

つまりアメリア・イアハート効果というものは「条件をしぼればどんな人でも必ず一位になれる」という事を意味する言葉だということです。

これだ。これで私も世界一になれます。

・受験サポート塾ジークスタッフ史上初めておにぎりの具に梅干しを2つ使用する事に成功

なることができました。No1です。トップです。今日のおにぎりに梅干しが二個入っている事を思い出した瞬間、電撃が走ったように勝利を確信しました。
いや、正確には他のスタッフに確認した訳ではないのですが、恐らく初めてだと思います。「おにぎりに梅干し2個いれたことありますか?」と聞いてまわるのはさすがに抵抗がありできませんでした。

まあでもほぼ間違いなくNo1と言えるでしょう。他のスタッフから「梅干し大好きです!」っていう話を聞いた事もないので。

この考え、マーケティングにおいても、自己肯定感を高める事においても非常に重要だなあと感じます。

社会の中にいるとつい他人や他組織と比較して卑屈になってしまいそうになりますが、皆が必ずなにかのNo1なんです。

それが自分のウリでもあり、武器でもあります。負けているところや出来ないところを見つめるのも大切ですが、自分に出来ているところ、成し遂げられたところ、勝っているところを探してあげるのも時には大切な事ですよね。

歴史上、現象や事実が起こってから理屈をひもづけたがるのが人間です。理屈は後からついてくるものなのです。

一見理屈が通っていなくたって、自分はすごい!と思い続ければ、それは自信になり努力になり結果になりますよ!

なろうぜ!!ナンバーワン!!

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

SIEG

生徒の学習状況を把握しながら進める「双方向型」の授業スタイルです。授業内容を一方的に伝える受け身の授業は、理解度やスピードの点から考えても能動的授業に劣ります。出来るところはどんどん先に進み、分からないところは質問をして解決する。対面授業でもオンライン授業でも、生徒の顔や様子、学習状況を把握しながら授業を進めていきます。勉強本来の楽しさを伝え、自ら進んで勉強することを可能にしてしまうのが、ジークです。
TEL:042-815-2100

CTR IMG