高校3年の秋を迎え、もうすぐ大学受験なのに、模試の判定が突然悪くなりました。試験の感触がさほど悪かった感触がない分、なぜ成績が落ちてしまったのか分かりません。

秋になると模試の範囲が一気に全範囲へと広がり、さらに受験者数も増えることから成績が下がったと感じる人は多いです。
夏休みに勉強した真価が発揮されるのはそれ以降といわれています。
また、総合模試はどの大学に特化している問題という訳ではなく、満遍なく様々なレベルの問題を出題しています。
この模試の結果で一喜一憂せず、自分の弱点を冷静に分析して、
同じ問題でミスすることのないよう復習をしっかりとすることが最優先です。
なのでここで、進路を変えるなどはせず、自己分析をしっかりして勉強に励んでください。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

SIEG

生徒の学習状況を把握しながら進める「双方向型」の授業スタイルです。授業内容を一方的に伝える受け身の授業は、理解度やスピードの点から考えても能動的授業に劣ります。出来るところはどんどん先に進み、分からないところは質問をして解決する。対面授業でもオンライン授業でも、生徒の顔や様子、学習状況を把握しながら授業を進めていきます。勉強本来の楽しさを伝え、自ら進んで勉強することを可能にしてしまうのが、ジークです。
TEL:042-815-2100

CTR IMG