私の理系の好きな考え方

「理系、文系は考え方が違う」なんて時々話題になりますが、みなさんはどうお思いますか?やっぱり違うと思います?それを感じた経験はあるでしょうか。私は文系の方の考え方をよく知らないのでわかりません。ただ理系の考え方はかじっているつもりです。今回は私が考える理系で1番大切で好きな思考回路について話したいと思います。
ズバリ、私が考える理系で1番大切で好きな思考回路は「今ある理論は、今最も確からしい理論だ」と言う考え方です。どういうことかというと、「今私達が正しいと思うことは、常に正しいこととは限らなくて、今後覆されるかもしれない。でも今1番正しいと思える事だ。」という事です。もちろん、勉強でも公式の理解や問題の理解に繋がりますがそれだけではなく、私の生きていく上で大変役立っています。たとえば友人関係。自分がイメージしている人物像と本人の実際の人物像は違う点があるかもしれないという謙虚な姿勢は更なる相手絵の理解につながります。
これは一つの考えに過ぎませんが、参考にどうぞ。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

SIEG

生徒の学習状況を把握しながら進める「双方向型」の授業スタイルです。授業内容を一方的に伝える受け身の授業は、理解度やスピードの点から考えても能動的授業に劣ります。出来るところはどんどん先に進み、分からないところは質問をして解決する。対面授業でもオンライン授業でも、生徒の顔や様子、学習状況を把握しながら授業を進めていきます。勉強本来の楽しさを伝え、自ら進んで勉強することを可能にしてしまうのが、ジークです。
TEL:042-815-2100

CTR IMG