ブルジョアな雑学No.6『背高泡立草』

162回芥川龍之介賞(2019年下半期)受賞作品が古川真人さんの『背高泡立草』に決定しました。作者である古川さんは28歳までニートだったらしいです。そして31歳で今作、芥川賞を受賞。すごいですよね。

経歴も異色ですがタイトルも気になりますよね。背高泡立草、、、。セイタカアワダチソウ、、、。はて?

そんなセイタカアワダチソウには変わった生態があるんです。それは根から他の植物の生育を妨げる物質を出すんです。また、このような効果を出す物質をアレロパシー物質と呼びます。以上です。 

 

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

SIEG

生徒の学習状況を把握しながら進める「双方向型」の授業スタイルです。授業内容を一方的に伝える受け身の授業は、理解度やスピードの点から考えても能動的授業に劣ります。出来るところはどんどん先に進み、分からないところは質問をして解決する。対面授業でもオンライン授業でも、生徒の顔や様子、学習状況を把握しながら授業を進めていきます。勉強本来の楽しさを伝え、自ら進んで勉強することを可能にしてしまうのが、ジークです。
TEL:042-815-2100

CTR IMG