ブルジョアな雑学No.20『3時のおやつ』

私たちにとって「おやつは3時に食べるもの」、が常識です。しかしなぜでしょうか。そもそもおやつという文化が始まったのは江戸時代。当時の時間の呼び方では現在の午後2時〜4時までのことを「八つ時」と呼び、この時間に軽食を食べる文化がありました。八つ時→八つ。これに丁寧語の「お」がついて「おやつ」と呼ばれるようになりました。ちなみに3時ごろに食べる軽食は脂肪になりにくいため、夜の過食を抑える面では健康に良いかもしれませんね。
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

SIEG

生徒の学習状況を把握しながら進める「双方向型」の授業スタイルです。授業内容を一方的に伝える受け身の授業は、理解度やスピードの点から考えても能動的授業に劣ります。出来るところはどんどん先に進み、分からないところは質問をして解決する。対面授業でもオンライン授業でも、生徒の顔や様子、学習状況を把握しながら授業を進めていきます。勉強本来の楽しさを伝え、自ら進んで勉強することを可能にしてしまうのが、ジークです。
TEL:042-815-2100

CTR IMG