ブルジョアな雑学No.12『セロトニン』

セロトニンは脳内物質の1つで、精神の安定や、直感力向上という効能があります。うつ病を引き起こす要因としてセロトニン不足があり、抗うつ剤にはセロトニンの分泌を促す物質が含まれています。ではこのセロトニンを分泌させるには何が必要でしょうか。

1.日光浴
セロトニンは日光を浴びることで分泌されます。特に起床後30分以内に日光を浴びることが大切です。リズミカルな運動によっても分泌されるので朝起床してから散歩してみてはどうでしょうか。

2.トリプトファン
これはセロトニンを分泌するのに大切な物質です。このトリプトファンは必須アミノ酸と呼ばれていて体内で生成できないため、含まれるものを食すしかありません。トリプトファンが含まれる食品は、納豆、豆腐、カツオ、マグロ、牛乳、チーズなどです。朝ご飯に食べましょう。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

SIEG

生徒の学習状況を把握しながら進める「双方向型」の授業スタイルです。授業内容を一方的に伝える受け身の授業は、理解度やスピードの点から考えても能動的授業に劣ります。出来るところはどんどん先に進み、分からないところは質問をして解決する。対面授業でもオンライン授業でも、生徒の顔や様子、学習状況を把握しながら授業を進めていきます。勉強本来の楽しさを伝え、自ら進んで勉強することを可能にしてしまうのが、ジークです。
TEL:042-815-2100

CTR IMG