ブルジョアな雑学No.11『MOOC』

この記事を見ている皆さんはどんな方でしょうか。やはり入塾を検討している中高生の生徒でしょうか?はたまたその保護者様でしょうか?ネットサーフィンをしていてたまたま読んでいたりもするのでしょうか?
どんな方が読んでいるかはわかりませんが、「大学」というものに興味がある方が多いと思います。日本では大学に行く人の割合は約58%と言われています。その中でも所得による格差が大きく、年収400万以下の家庭と1000万以上の家庭とでは大学進学率に2倍程度の差があるそうです。つまり当たり前のことかもしれませんが大学はお金がかかります。
そんな現状に風穴を開けてくれそうなシステムが今回のテーマ「MOOC(ムーク)」です。これはオンラインで有名大学の講義を受けれるというものです。世界的なシステムで、ハーバード、マサチューセッツ工科大学などの講義も受けることができ、日本でも東大、京大の講義も配信されています。ぜひ一度利用してみてください。
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

SIEG

生徒の学習状況を把握しながら進める「双方向型」の授業スタイルです。授業内容を一方的に伝える受け身の授業は、理解度やスピードの点から考えても能動的授業に劣ります。出来るところはどんどん先に進み、分からないところは質問をして解決する。対面授業でもオンライン授業でも、生徒の顔や様子、学習状況を把握しながら授業を進めていきます。勉強本来の楽しさを伝え、自ら進んで勉強することを可能にしてしまうのが、ジークです。
TEL:042-815-2100

CTR IMG